リゾート体験

バンコクから日帰りで!タイで最も美しい滝「エラワンの滝」の楽しみ方を徹底解説!

タイの首都バンコクから日帰りでもアクセスできる、最高の癒しスポット「エラワンの滝」をご存知ですか?日本での知名度はまだあまり高くはありませんが、欧米の観光客、地元タイ人に大人気のネイチャースポットとなっています。

タイで1番美しい滝“と言われるエラワンの滝は、エラワン国立公園内にあり、自然を感じながらのトレッキングとともに、滝を楽しめ、滝つぼでの水遊びも可能!

鬱々とした日々をさらっと忘れさせてくれる、エラワンの滝。アクセス方法や概要、エラワンの滝の魅力をたっぷりとお届します!

エラワンの滝ってどんなところ?

タイの首都バンコクから西へ約110km。ミャンマーとの国境近くの「カンチャナブリー」という都市にエラワンの滝はあります。

エラワンの滝は、エラワン国立公園内にあり、滝の他にもトレッキングや野鳥観察にも最適。さまざまな自然体験ができる癒しスポットとして人気を集めています♪趣が異なる計7つの滝は、もちろん必見ポイント!

バンコク市内からは車で約4時間と離れているにも関わらず、海外からの旅行者だけでなく、地元タイ人にも大人気!週末になると、お弁当を持参してピクニックを楽しむご家族で賑わっています。

エラワンの滝基本情報

英名 Erawan Waterfall
住所 Tha Kradan Si Sawat, Kanchanaburi 71250
入場料金 300THB
アクセス カンチャナブリより北に約65km
バス:8170
※カンチャナブリから約1時間30分
営業時間 8:30~16:00
※休日なし

エラワンの滝の見どころ

では具体的にエラワンの滝の魅力・見どころを見ていきましょう!

エラワンの滝は7段あります!

先ほども紹介しましたが、エラワンの滝は全部で7段の滝で構成されています。川沿いに作られた、約2㎞の登山道に点在しており、1~3段の滝はアスファルトで舗装された道でアクセスできます。

4段目からの滝は、山道になり少し足元が危なくなります。特に雨の降った後などは、道が滑りやすくなっているので、注意が必要に!また、トレッキングコースの途中には、川を渡る部分もあるので、訪れる予定がある方はスニーカーやトレッキングシューズ、濡れるのが嫌な方は、マリンシューズなどがあると便利ですよ♪

滝つぼでは遊泳も可能!滝に打たれる荒行体験もできるので、水着や着替えがあるともっと楽しめますよ!

7つの滝を制覇するには、1の滝からスタートして、30分から1時間あれば制覇できます。そんなに大変なコースではないので、ぜひ装備を整えて訪れてくださいね。

エラワンの滝を訪れる際の注意点

トイレやシャワー、売店は1~3の滝の間にあります。のどが渇いた、お腹が空いたなどの用事がある場合は、こちらで済ませておいてくださいね。

ただし、飲み物や食べ物を3の滝以降で飲もう!食べよう!と思い、持っている方は要注意!

3の滝の手前では、手荷物の検査があり、自然保護の観点からプラスチック製品やペットボトル製品の持ち込みに制限があります。とは言え、飲み物は登山には必須なので、ペットボトルを持ち込むこと自体は可能です。その際に1本20THBの保証金を預けることになり、戻ってきたら持ち込んだペットボトルを見せ、保証金を返金してもらうシステムになっています。なので、飲み終わったペットボトルは途中で捨てずに、必ず持ち帰るようにしてくださいね!

フォトジェニックなスポットが満載

エラワンの滝を流れる水は、石灰成分を含むため、乳白がかったクリーミーな色をしています。特に7段目の水は、その乳白色が強く出ており、とってもメルヘンチック!

滝つぼで泳ぐことも可能なので、水着を持参すれば、いろいろと素敵な写真が撮れますよ♪すぐ近くには、鍾乳石の連なる洞窟も点在しているので、そちらの探検も併せてどうぞ!もちろん、危険もあるのであまり奥までは進まないようにしてくださいね。

ドクターフィッシュでリフレッシュ

手や足などに溜まった、古くなった角質を食べてくれることで有名なドクターフィッシュがエラワンの滝には住んでいます。

足を水に浸けるとたくさんの魚がよってきますが、驚くのがその大きさ!日本でよく見るドクターフィッシュは大きくても5㎝前後ですが、エラワンの滝に住むドクターフィッシュは約20㎝ほどの大きさ!

これくらいの大きさになると、最初はちょっと痛い!と感じることもあるかもしれませんが、すぐに慣れます♪ただし、足にケガをしていると、その場所を狙ってくるので気を付けてくださいね。足にケガがある場合は、絆創膏などで保護をしておきましょう。

エラワンの滝へのアクセス方法

バンコクからエラワンの滝へのアクセス方法は、バス,鉄道,タクシー,ツアーの4種類。各アクセス方法について詳しくご紹介します。

電車+バスでアクセス

バンコク → カンチャナブリー → エラワン国立公園の順番にアクセスします。

鉄道はバンコク「トンブリー駅」発、「カンチャナブリ―経由ナムトック行き」の電車に乗車しましょう。

トンブリー発 カンチャナブリ―発
07:50発 13:55発
07:19発 14:48発

鉄道は各駅発が1日2便。乗車時間は約2時間30分です。日帰りの場合は7:50の電車でカンチャナブリ―へと向かい、14:48の電車で帰って来るのがベター!

カンチャナブリ―からエラワンの滝への移動手段はバスです。カンチャナブリ―バスターミナルからエラワン国立公園行き(8170番)のバスに乗車して向かいましょう。所要時間は約1時間30分。8:00~17:20分の間、50分間隔で運行しています。

料金は鉄道が片道100THB、バスが片道50THBとなっています。スムーズな支払いを行うために、細かいお金の用意をおすすめします♪

バス+バスでアクセス

バスも同様に、バンコク → カンチャナブリー → エラワン国立公園でアクセスします。

バスの発着地は「バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)」。こちらのバスターミナルはバンコクの郊外にあるので、バンコク市内からのアクセスは少々不便ですが、郊外に行くバスが数多く発着しています。

バンコク市内からバンコク南バスターミナルにはBTSの終点「バン・ワー(Bang Wa)駅」からタクシーを利用してアクセスしましょう。もちろん市内から直接タクシーで向かってもOK!値段交渉が苦手だな…と思う人はバンコクでもUberのような配車アプリも利用できるので、こちらを利用しましょう。

カンチャナブリ―までの所要時間は約2時間。料金は100THB~となっており、バス会社によって異なります。5:30~22:00まで運行しているので、電車のように時間を選ばなくても良いのが嬉しいポイントです。

タクシーでアクセス

カンチャナブリ―は郊外なので、街で流しているタクシーでアクセスするのは至難の業。高確率で断られることが考えられます。なので、タクシーでアクセスする場合は、チャータータクシーをホテルや旅行代理店で予約するのがおすすめ!料金の目安は1日(8時間)チャーターで1台5,000THB。

少々価格が高いのがネックですが、友人や家族と全員でシェアすると、1人あたりの料金は然程高くもありません。

初心者の方にはツアーもおすすめ!

せっかくエラワンの滝まで行くのであれば、カンチャナブリ―観光も一緒にどうですか?

映画「戦場にかける橋」で一躍有名になった「クウェー川鉄橋」や「泰緬鉄道」など見どころ満載!ツアーを利用すれば、カンチャナブリ―のハイライトを効率良く回れる上、プランによってはホテル送迎や日本語ガイドが付いているので、海外旅行初心者の方でも安心です♪

自然豊かなエラワンの滝に行こう!

タイで1番美しい滝と評される「エラワンの滝」。もちろん日帰りでの観光もOKですが、旅程にゆとりがある方はカンチャナブリ―に1泊して、観光を楽しむのもおすすめ♪首都バンコクとはまた違った、郊外ならではのゆったりとした時間をお過ごしください!

RECOMMEND おすすめの記事