リゾート体験

バンコク旅行のフォトジェニックスポット決定版!人気観光地ベスト10!

タイの首都バンコクに行ったら、思いっきりフォトジェニックなスポットに出掛けて、お気に入りの1枚を撮影しませんか?近代的な都市でありながらも歴史や文化をも持ち合わすバンコク。カメラ片手に散策すれば、素敵な景色との出会いがあなたを待っています。

バンコクには、いわゆる”インスタ映え”するスポットがたくさんあります♪そのなかでもとりわけフォトジェニックな観光地を10ヶ所厳選してお届けします。

①ワット・アルン

「暁の寺」と呼ばれるワット・アルン。その名の通り、夕焼けと夜景がとっても綺麗なスポットとして有名です。

昼間の景色も風情がありますが、写真を撮るのであれば、ライトアップされて光り輝くワット・アルンをチャオプラヤー川から撮影するのがおすすめです♪

ディナークルーズを楽しみながら、夜景を見るのもロマンチックで素敵ですよ!

英名 Wat Arun
住所 34 Arunamarin Rd., Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok 10600
参拝料 50THB
参拝時間 7:30〜17:30
休館日 なし
アクセス ターティアン船着き場から渡し船

★ワット・アルンに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

バンコクで絶対に行きたい!ワット・アルン(暁の寺)の魅力とは?行き方や見どころを紹介!

②ワット・パクナム

バンコク屈指のフォトジェニックなスポットとして日本人観光客に人気を集めているのが、ワット・パクナムです。

大仏塔のなかにあるエメラルドグリーンのガラス仏塔とプラネタリウムのような仏伝図は、とても幻想的な雰囲気を醸し出しています。まるで何か不思議なパワーを放っているのか…ずっと見ていると心に響くものがあります!

SNSでも注目を集めること間違いなしのフォトジェニックなスポットなので、記念撮影は必須!ただし、あくまで神聖な場所であることを忘れず、周りに配慮しつつ楽しみましょう。

英名 Wat Paknam Phasicharoen
住所 Soi Pak Nam, Theot Thai Road | Pak Khlong Phasi Charoen , Phasi Charoen, Bangkok 10160
参拝料 無料
参拝時間 8:00〜18:00
休館日 なし
アクセス BTSウタカート(Wutthakat)駅またはBTSタラート・プルー(Talat Phulu)駅から徒歩20分、あるいはタクシー5分

★ワット・パクナムに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。

バンコクで人気のフォトジェニック寺院!ワット・パクナムの見どころや行き方は?

③ピンクのガネーシャ

タイのパワースポットとして有名なピンクのガネーシャ。「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」という寺院の敷地内にあります。巨大なガネーシャの色使いといい、横たわる姿といい、かなりのインパクト!

台座の周りにいるネズミの耳にお願い事をすると、3倍の速さで願いを叶えてくれるそうですよ。

バンコクから約2時間と少し遠いので、海外旅行初心者の方や初めてタイに訪れる方にはツアーでの参加がおすすめ♪もちろん、自力でもアクセス可能ですよ。

英名 Wat Saman Rattanaram
住所 Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao 24000
参拝時間 いつでも可
休館日 なし
アクセス バンコク東バスターミナルからチャチュンサオ行きバスで約1時間30分、そこからソンテウで30分

④マハナコン・スカイウォーク

マハナコンタワー最上階にあるスカイウォークは、タイで1番高い展望デッキ。その高さはなんと314m!日本の横浜ランドマークタワーやあべのハルカスよりも高いんですよ

世界最大級の一面ガラス張りの床デッキから見下ろすバンコクの街並みは格別!大迫力のパノラマビューをお楽しみください!

英名 Mahanakhon Skywalk
住所 King Power Mahanakhon 114 Narathiwas Road, Silom, Bangrak, Bangkok 10500
電話番号 +66-2-677-8721
入場料 大人965THB、子ども(3〜12歳)&シニア(60歳以上)450THB
営業時間 10:00〜24:00(最終入場23:00)
休業日 なし
アクセス BTSチョンノンシー駅前
HP https://kingpowermahanakhon.co.th

⑤エラワン・ミュージアム

美術館と寺院が融合した新しい形の観光スポットである「エラワン・ミュージアム」。エラワン像や館内の装飾も個性的で見応えバッチリなのですが、何といっても天井のステンドグラスが美しいことで有名です。

美しい光景と圧倒的な世界観に魅了される人が続出中!こんなに美しいにも関わらず、ガイドブックなどでは紹介しているところが少なく、まだまだ穴場なので、人が多くない今こそ行っておきたいところ♪

これから女子旅には欠かせないスポットになりそうな予感ですね!

英名 The Erawan Museum
住所 99/9 Moo 1, Sukhumvit Rd., Bang Meung Mai, Amphoe Meung, Samut Prakarn 10270
電話番号 +66-2-371-3135〜6
入館料 大人400THB、子ども200THB
開館時間 8:00〜17:00
休館日 なし
アクセス BTSサムローン駅(Samrong)からタクシーで約5分
HP https://www.muangboranmuseum.com/en/landmark/the-erawan-museum/

⑥花の文化博物館

タイ人のフラワー・アーティストであるサクン・インタクン氏によって創設された「花の文化博物館」は、新しいおしゃれな観光スポットとして注目を集めています。

ミュージアム内には花に関する芸術品が多数展示されています。ほかにも、花でいっぱいのお庭を散策したり、アフタヌーンティーも楽しめるため、女子旅にもどうぞ!

英名 The Museum of Floral Culture
住所 315 Samsen Rd. Soi 28, Yaek Ongkarak 13, Dusit, Bangkok 10300
電話番号 +66-2-669-3633〜4
入館料 大人150THB
子ども75THB(ガイドツアー込)
開館時間 10:00〜18:00
水曜日のみ日本語ガイドツアー有り
10:00・13:00~
休館日 月曜日
アクセス BTSアーリー駅(Ari)からタクシーで10分
HP https://www.floralmuseum.com

⑦タラート・ロットファイ・ラチャダー

もはやインスタ映えの定番中の定番スポットと言える「タラート・ロットファイ・ラチャダー(ラチャダー鉄道市場)」。

駅前のデパート「エスプラネード(Esplanade)」の駐車場から見る景色は、まるで別世界♡キラキラ輝く宝石箱のような美しさは、タイ旅行での忘れられない思い出になるでしょう。

マーケット内にはいろいろなお店があるので、景色だけでなく、お買い物や食事が楽しめるのも嬉しいポイントです!

英名 Train Night Market Ratchada
住所 Ratchadaphisek Rd. Dindaeng, Bangkok 10400
電話番号 +66-92-713-5599
+66-92-713-5577
+66-92-585-7979
営業時間 17:00〜25:00(店舗による)
定休日 月曜日
アクセス MRTタイ・カルチャーセンター駅(Thailand Cultural Centre)から徒歩3分
HP https://www.facebook.com/taradrodfi.Ratchada

★タラート・ロットファイ・ラチャダーの詳しい情報はこちらをご覧ください。

インスタ映えスポットとして大人気!バンコクのタラート・ロットファイ・ラチャダーへ行こう!

チャンチュイ・クリエイティブスペース

2017年にオープンしたばかりのナイトマーケット「チャンチュイ・クリエイティブスペース」。マーケット内にある本物の飛行機の機体がスゴイ!と話題になり、一躍有名に。今最も注目されているフォトジェニックなスポットだと言っても過言ではありません。

こんな奇抜な発想ができるのがタイ人の面白いところ。アーティスティックなオブジェがあちこちに置かれているので、ここでは思いっきり写真撮影を楽しんじゃいましょう!

英名 Changchui Creative Space
住所 460/8 Sirindhorn Road, Bang Phlat, Bangkok 10700
電話番号 +66-81-817-2888
営業時間 16:00〜23:00
※グリーンゾーンは11:00〜23:00
休業日 水曜日
アクセス BTSタオプーン駅(Tao Poon)またはBTSヴィクトリーモニュメント駅(Victory Monument)からタクシーで20分
HP http://www.changchuibangkok.com

⑨レッドロータス水上マーケット

バンコクの隣、ナコンパトム県にある最新のインスタ映えスポットが「レッドロータス水上マーケット」です。その名のとおり、11,000坪もの面積を誇る広い池一面に広がる「赤い蓮」が見どころ。ここでは、ほぼ1年中蓮の花が咲いているんですよ。

アクセスが良くないのが少々ネックですが、インスタ映えを狙うならぜひとも行っておきたいスポットです。ボートに乗れば、近くで蓮の花の撮影をすることもできますよ!カップルでの旅行や女子旅にもどうぞ!

英名 Red Lotus Floating Market
住所 346 Main Street Bang Len, Bang Len District, Nakhon pathom 73130
電話番号 +66-1-259-7667
営業時間 8:30〜18:00
休業日 なし
アクセス バンコク市内からタクシーで約1時間

⑩シーラチャ・タイガー・ズー

いろいろな動物たちと写真が撮れるスポットが「シーラチャ・タイガー・ズー」です。特にトラの赤ちゃんは大人気♪写真撮影だけでなく、ミルクやりも体験できるほか、動物たちのショーなど、とにかく見どころ満載!

しかし、タイでは年々動物たちに対する取り決めが厳しくなっています。つまり、いつまで動物たちと触れ合えるかは不明なんです…。気になる方は、ぜひ早めに行っておくことをおすすめします。

英名 Sriracha Tiger Zoo
住所 341 Moo 3, Nongkham, Sriracha, Chonburi 20110
電話番号 +66-3829-6556〜8
入園料 大人450THB
子ども(100〜140cm)250THB
開園時間 8:00〜18:00(最終入場17:30)
休園日 なし
アクセス バンコク市内からタクシーで約1時間30分
HP http://www.tigerzoo.com/eng/index.php

フォトジェニックスポットで最高の写真と思い出を♪

ご紹介したフォトジェニックスポットは、超有名どころもあれば、まだ知られてない穴場もあります。ちょっと遠いところもあるので、写真を撮ってみたい場所を厳選して、旅の日程を組みましょう♪

どこもインスタ映えすることは間違いなし!おしゃれな写真をSNSにアップして、周りにも旅の思い出を共有してくださいね♪

RECOMMEND おすすめの記事