食事・美容・買物

バンコクの美容土産はドラッグストアで決まり!コスパ&女子人気抜群の薬局コスメまとめ

近年女子旅にも人気の旅行先であるタイの首都バンコク!リーズナブルな価格でグルメや観光・スパ&マッサージを楽しめると話題を呼んでいます。そんなタイでは女子ウケ抜群のお土産もお財布に優しい価格で入手可能♡

この記事では、バンコクでのお土産探しにおすすめな穴場スポット「ドラッグストア(薬局)」情報&ドラッグストアで買える女子向けのお土産情報をお届け!”コスパ最強”と名高い商品を10個厳選してご紹介します。

バンコクのお土産をドラッグストアで購入?

「タイ旅行のお土産をドラッグストアで購入する…」。一見有り得ないような組み合わせですが、実はバンコクのドラッグストアは、美容商品の取り揃えが豊富でお土産の宝庫なんですよ♪

品質も良く、お土産代も節約できると話題になり、今では日本人観光客もこぞってドラッグストアを訪れるようになりました。日本だと薬のイメージが強いドラッグストアですが、タイのドラッグストアはコスメ専門店に見劣りしない品揃えで観光客を驚かせます。テスターもあるので、いろいろと試しながらお気に入りの一品を見付けましょう。

バンコクで人気のドラッグストア店舗3選

まずはバンコク屈指の人気を誇るドラッグストアを3店舗ご紹介します!

バンコクで人気の薬局①Boots(ブーツ)

タイ土産におすすめな薬局コスメを取り扱う、イギリス生まれのドラッグストア「Boots(ブーツ)」。

タイではスワンナプーム国際空港の中やバンコク市内のショッピングモール内と、さまざまな場所で見かけることが多い、人気のお店です。

タイで生まれた自社ブランドの人気化粧品をはじめ、バンコクの薬局コスメの種類も豊富♪なかには日本ではなかなかお目にかかれない、イギリスやドイツなどの海外コスメブランドの商品も取り扱っています。

バンコクで人気の薬局➁Watsons(ワトソンズ)

タイ現地では、Bootsと並ぶ出店数の多さで人気のドラッグストア「Watsons(ワトソンズ)」。

中華生まれのドラッグストアのチェーン店で、タイ以外にも台湾やシンガポールなどのアジアを中心に、世界に3,000以上もの店舗を展開しています。

化粧品や美容グッズなどの自社ブランドの商品も多く、看板と同じ緑色のパッケージが特徴的です。定期的に商品を1個買うと1個おまけになる“爆安セール”も開催しているので、この機会をお見逃しなく!

バンコク人気の薬局③ブレズ薬局

バンコクで数多くの日本人が暮らすスクンビット地域を中心に店舗を構えるタイのドラッグストア「ブレス薬局」。

この薬局では、日本人スタッフや日本語が話せるスタッフが常駐しています。ほかにも、電話を通した翻訳サービスなども実施しています。

先に紹介した2店舗よりも規模は小さいものの、急病時の薬探しやタイ語で書かれているコスメの説明などをお願いできます。「タイ旅行は今回が初めて」「肌が弱いから海外のコスメは心配…」といった方は、まずはここブレス薬局を訪れてみてはいかがでしょうか?

タイ・バンコクの薬局で買えるお土産10選

バンコクのドラッグストアで買えるお土産は、日本と同様に市販薬をはじめ、歯磨き粉やシャンプーなどの日用品、さらには日本未上陸の海外ブランドのコスメなどがあります。

さまざまな商品が一ヵ所に揃う、便利なバンコクのドラッグストア♪ここでは、数ある商品の中から女子へのお土産に特におすすめしたいコスメブランド&商品をご紹介します。

①ABHAI(アイブーベ)

タイ国立医療センターである、チャオプラヤ・アバイブーベ病院から生まれたスキンケアブランド「ABHAI(アイブーベ)」。古くから医学目的で栽培されてきた、オーガニックハーブを使用した食品やコスメを販売しています。

タイ旅行のお土産におすすめの商品は、髪の健康を保つアントシアニンが豊富なハーブ「バタフライピー」を配合したシャンプー。重くて持ち帰りが大変という方は、ハーブを使用した石鹸もおすすめです!

➁MADAME HENG(マダムヘン)

タイ人女性であるマダムヘンが立ち上げた、タイのブラン「MADAME HENG(マダムヘン)」。タイでは非常にメジャーなブランドで、自然派の素材で作られた石鹸に定評があります。

さまざまなハーブを配合して作られたマダムヘンの石鹸は、なんと石鹸粉は不使用。洗いあがりはさっぱり♪だけど、皮脂を落としすぎない!デリケートな肌にも優しい処方となっています。

タイらしい色鮮やかなパッケージとリーズナブルな価格でお土産にも大人気!女友達へのバラマキ用のお土産にいかがでしょうか?

③sabai-arom(サバイアロム)

2人のタイ人女性が2004年に立ち上げた、オーガニックブランド「sabai-arom(サバイアロム)」。ブランド名は、タイ語で「ささやかな幸せ」と言う意味を持ち、使う人が心地良い時間を過ごせますように…そんな思いが込められているような気がします。

sabai-aromでは、タイで古くから使用されてきたオーガニックハーブやフルーツを使用したコスメを製造。各コスメは取り扱う原料ごとにコレクションされています。

品揃えも豊富で、バラマキ用にはハンドクリームや石鹸、ボディスクラブ、ヘアミストなど、女性がもらって嬉しいアイテムが勢揃い♪日本よりも安く買えるのも、お土産に選ばれる理由の一つです!

④Beauty Buffet(ビューティービュッフェ)

まるで韓国コスメのようなパッケージか可愛い「Beauty Buffet(ビューティービュッフェ)」。バンコクのドラッグストアやコンビニでも見かけるこちらのコスメはバンコク発の若者向けのブランドとして根強い人気があります。

取り扱う商品は低価格でありながら高品質なので、バンコク女子からも大人気♪

お土産には定番の牛のイラストがプリントされたパッケージの洗顔フォームやパックをどうぞ!パックであれば、軽量&かさばらないのでまとめ買いにも最適です。

➄INGREDIENTS(イングレディエンツ)

先ほど紹介した、バンコクの人気ドラッグストアBootsの自社ブランド「INGREDIENTS(イングレディエンツ)」は低価格なのに高品質な商品を取り扱うことで大人気♪

特に人気を集めるコスメが、持ち運びにも便利な100mlのボトルに入ったマッサージオイル。ココナッツやジャスミンなど、香りの種類も豊富なので、お気に入りの一品を見付けてみては?

➅DENTISTE(デンティス)

世界的にも絶大な人気を誇る、タイ生まれの歯磨き粉「DENTISTE(デンティス)」はタイに訪れたら絶対買いたい商品の一つです。

自然のハーブを配合した歯磨き粉は、口臭予防にエナメル質の保護、口内雑菌の繁殖防止など、口内の衛生環境を整えるさまざまな効果があります。

日本で購入するよりも3~5割程度安く、単品ではなく、セットになった商品を購入すると更にお得に♪貰った人がリピ買いするほどの人気商品!ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

⑦マンゴスチンの石鹸

日本では馴染みがないものの、複数のタイコスメブランドから発売されている商品が「マンゴスチンの石鹸」です。マンゴスチンとは、世界三大果実の1つで、タイやカリブ諸島など南国で栽培されています。

アンチエイジングに効果的な、抗糖化作用や抗酸化作用を発揮する成分キサントンが含まれ、コスメの材料としても非常に優秀。

そんなマンゴスチンの成分をたっぷりと含んだオーガニック石鹸はドラッグストアでも大人気!価格も日本円で100円程度とお財布に優しい価格となっています。

⑧ルミガン

コスメではなく、れっきとした薬品として販売されているのが「ルミガン」です。

白いボトルに緑のキャップが特徴的なルミガンは本来、緑内障の治療薬として開発されました。使用者の副作用としてまつ毛が伸びたことから、ビマトプロストという成分がまつ毛を長く、太くすることが分かり、美容目的で購入する人が増加しました。

ドラッグストアでも取り扱っているところが少なく、価格も少々高価なのですが、ブレズ薬局では比較的リーズナブルな価格で購入可能。

使用方法は、ボトルの中の液体を筆や綿棒に取って、まつ毛に塗っていくだけ。エクステでまつげが痛んだ方や、元からまつげが短いとお悩みの女性にも、おすすめです。

⑨ヒルドイドクリーム

日本では処方箋が必要な医薬品である「ヒルドイドクリーム」も、バンコクであればドラッグストアで購入可能。本来はアトピー性皮膚炎の子供向けの処方薬ですが、ヒルドイドには保湿や炎症左様を発揮するヘパリン累加物質が含まれているので、保湿にも効果的です。

バンコクで購入できるヒルドイドクリームのパッケージはピンクとブルーの2種類があり、ブルーは含有量が多く、その分お値段もお高めです。内容量は10~100gまでありますが、お土産には10gのコンパクトな商品をおすすめします。自分用のお土産にも人気の商品なので、お見逃しなく♡

⑩ココナッツオイル

高い保湿力とオーガニック成分で誰もが使えると人気を集めるコスメアイテムが「ココナッツオイル」です。タイ定番のお土産で、バンコク市内のドラッグストアでも取り扱いがあるのがいいところ♪

顔だけでなく、髪の毛や全身に使えるので女性だけでなく、男性へのお土産にも最適です。

お土産はドラッグストアで買おう!

タイ旅行のお土産探しにおすすめの穴場スポット、バンコク市内のドラッグストア。今回はおすすめの店舗と店内で買える、おすすめの薬局コスメや美容土産を紹介しました。

ほかにもサプリやお菓子などの食品も数多く取り扱っているので、お土産選びに悩んだら、ぜひバンコクのドラッグストアに行ってみてくださいね。

RECOMMEND おすすめの記事