食事・美容・買物

バンコクで屋台グルメを堪能!時間帯別おすすめの屋台&絶品タイ料理を紹介!

タイ旅行では観光や買い物、スパなど様々な楽しみ方ができますが、グルメも外せません。バンコクには安くて美味しい屋台グルメが目白押し♪

この記事では、朝食から夕食まで時間帯別におすすめの屋台街と屋台街に行ったら食べたい人気グルメをご紹介します!屋台でリーズナブルな価格で本格的な絶品タイ料理をご賞味ください!

【朝】ルンピニー公園屋台街

街に隣接した「ルンピニー公園」は、緑いっぱいの都会のオアシス。早朝にはジョギングや太極拳、ヨガなど身体を動かしにくる人の姿が目に留まります。公園西側のチムチュム屋台群は撤去されてしまいましたが、北側のサラシン通りにある屋台街は今も健在。

ルンピニー公園の屋台街は出勤前に朝ごはんを食べに訪れる人も多く、ローカル感満載な朝食スポットです。朝早くから出かけて地元民に混ざって朝食を食べ、観光前にエネルギーチャージしましょう!

英名 Lumphini Park
住所 139/4 Witthayu Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok
営業時間 4:30〜10:00※お店による
アクセス MRTシーロム駅から徒歩5分

朝に食べたい屋台グルメはこれ!

タイでは通勤途中に路上に並ぶ屋台で朝食をさっと食べたり、気軽に食べられる一口サイズの食べ物などを買って食べ歩きをする人もたくさんいます。ここでは、朝食スポットとして人気のルンピニー公園屋台街でおすすめの屋台グルメを3つご紹介します。

揚げパン屋台

朝食におすすめの路上グルメの定番は一口サイズで気軽に食べられる「揚げパン」です。揚げドーナツのようなもので、外はカリカリ、中はモチモチの食感がクセになります。

薄い塩味がついているのでそのまま食べてもいいですが、練乳やパンダンリーフクリームにつけて食べるのもおすすめです。緑色のパンダンリーフクリームは見た目は派手ですが、東洋のバニラと呼ばれており、優しい甘さで美味しいのでぜひ食べてみてくださいね♪

豆乳屋台

朝食の定番である揚げパンによく合うとして人気を集めるのが「温かい豆乳」です。タイには豆乳が好きな人が多く、人気の豆乳屋台には連日行列ができるほど。コンビニやスーパーにもたくさんの豆乳が並んでいます。

屋台では熱した豆乳に好きなトッピングを入れて販売するのが一般的です。トッピングは豆や寒天、タピオカなど様々!入れてほしいものを指差しで伝えると手際よく入れて袋詰めしてくれますよ。

豆乳は美容にも良いとされており、トッピングをたくさん入れると案外お腹にもたまるので、女性やダイエット中の方からも人気を集めています♪

おかゆ屋台

揚げパンや豆乳では少し物足りない…という方におすすめなのが「タイ風のおかゆ」です。ジョークと呼ばれるタイのおかゆは、お米を砕いたものをトロトロになるまで煮たもので卵やお肉などのトッピングをのせていただきます

ルンピニー公園にある屋台の中でも「カーオ・トム・アナマイ」というお店のおかゆが特におすすめ!おかずの種類が豊富にあるので、朝からがっつり食べたい方はぜひお店をチェックしてみてくださいね。

【昼】コンベント通り屋台街

オフィスビルが立ち並び、多くのビジネスマンが行き交うバンコク屈指のビジネス街であるシーロム通り。そのすぐ隣にお昼限定で登場するのが「コンベント通り屋台街」です。

短時間で食べられお腹にたまる料理が目白押しで、朝に比べるとがっつり&味濃い系の料理が多め!現地のビジネスマンに混ざってクイックランチを楽しんではいかがでしょうか。

英名 Convent Road
住所 Convent Road Silom, Bang Rak, Bangkok
営業時間 11:00〜15:00※店により異なる
アクセス BTSサラデーン駅から徒歩3分

昼に食べたい屋台グルメはこれ!

昼食におすすめの屋台グルメは、お腹にたまりエネルギーチャージができるもの、かつ重すぎないものです。タイ料理のなかでも人気の高いお肉料理を食べて午後からの活動に備えましょう!

カーオ・カー・ムー

カーオ・カー・ムー」は、豚足を煮込んだものをご飯にのせた料理です。中国から伝わったもので、中華スパイスを使ったスープで豚足がとろとろになるまでしっかり煮込みます。

スープの味が染み込んだ柔らかいお肉は絶品で、あまりお腹が空いていないときもご飯が進むと評判です。

美味しいカーオ・カー・ムーが食べられるおすすめのお店がカー・ムー・コーンウェーン」。こちらの屋台街ではトップを誇る人気店で、ボリューム満点&がっつりなので男性にも◎

カーオ・ムー・デーン

カーオ・ムー・デーン」は赤く煮た豚肉とカリカリに揚げた豚肉をご飯にのせた料理で、甘いタレをかけて食べます。豚肉は焼く前にタイや中国のスパイスに漬け込んでいるので噛めば噛むほど深い味わいに。

程よい甘さのタレはお肉やご飯だけでなく、一緒に提供されるゆで卵や野菜にもよく合います。各お店こだわりのタレもじっくり楽しみたいところです。

カーオ・ムー・デーンが美味しいと人気のお店はチェー・シー・カーオ・ムー・デーン」です。日本で言うチャーシュー丼的な美味しくてお腹にたまる丼ぶりがいただけますよ♪

カーオ・マン・カイ

辛いものが多いというイメージのあるタイ料理ですが、辛くない料理もたくさんあります。なかでも「カーオ・マン・カイ」は日本人の口に合うとして日本国内でも知名度の高いタイ料理です。

カーオ・マン・カイは、茹でた鶏肉と鶏から出たダシで炊いたご飯にタレをかけて食べるシンプルな料理ながら、お店によって鶏肉やご飯の仕上がりやタレの風味が異なり、食べ比べを楽しみたくなります。

コンベント通りにある「バンティットキム」というお店では、カーオ・マン・カイが定番商品として大人気です。味付けがあっさりしているので、女性でもペロリと食べられちゃいますよ♪

【夜】Wマーケット

昔ながらの街並みと近代的な建物がミックスしているBTSプラカノン駅周辺は、近年開発が進んでいる注目のエリアです。

このエリアでディナースポットとして人気なのが「W Market」。ギャラリーやホテルが集まっている商業施設「W District」の一部で、夕方から約50もの屋台が並びます。観光客も多く、国際色豊かで賑やかなスポットです。

英名 W Market
住所
1599 Sukhumvit Rd, Khwaeng Phra Khanong Nuea, Bangkok
営業時間 16:00〜24:00
アクセス BTSプラカノン駅からオンヌット駅方向へ徒歩3分

夜に食べたい屋台グルメはこれ!

夜に屋台グルメを楽しむのであれば、人気のタイ料理をいくつか買ってシェアしながら食べるのがおすすめです。ビールやワインなどに合う料理も多いので、活気あるバンコクの雰囲気を感じながらお酒も堪能してはいかがでしょうか。

ソムタム屋台

ソムタム」は、栄養満点の青いパパイヤを使ったタイ料理の定番サラダです。イサーン料理の代名詞として知られており、現在はタイ料理を代表するものの一つとなっています。

タイ料理の4大要素である甘い、酸っぱい、辛い、塩っぱいがバランスよく調和しており、一度食べるとくせになるという人もたくさん。

ソムタムを食べるのにおすすめのお店がソムタム&ヤムセープ」です。このお店のソムタムは日本人にも食べやすい味付けで、現地在住日本人や日本人観光客から高い人気を誇っています。

パッ・タイ屋台

日本ではタイ風焼きそばとして知られる「パッ・タイ」もタイで外せない屋台グルメのひとつです。太めでモチモチの麺にお肉やエビ、野菜などの具がたくさん入っており見た目以上にお腹にたまります。

W Marketにあるパッ・タイ・チャムノン」では、元ホテルシェフが作る本格派のパッ・タイを提供しています。ビールともよく合うのでぜひ一緒にお楽しみください。

ハンバーガー屋台

滞在中にタイ料理をたくさん食べて少し飽きてきたという方は、ハンバーガーを食べませんか?タイでハンバーガー?と思うかもしれませんが…本場アメリカ顔負けの本格派のハンバーガーを楽しめます。

ハンバーガーが美味しいと評判のお店が31バーガー」。パテが肉厚で食べ応えがあり、ソースもトッピングも選べるので自分好みのハンバーガーにできます。

フライドポテトもついて約500円ほどとリーズナブルなのも人気の理由のひとつでしょう。ハンバーガー以外のメニューもいくつかあるのでお好みでどうぞ♪

屋台を楽しむ上での注意点

  1. 水道水に注意:ミネラルウォーターを飲む際も水道水で作られた氷でお腹を壊すことがあります。心配な方は屋台で出された氷を使わない方がいいでしょう。
  2. 非加熱の料理は控えるのが吉:暑さと湿気で生物が早く傷んでしまうので屋台では非加熱のシーフードなどは避け、よく加熱調理された料理を選ぶことをおすすめします。
  3. 荷物はできるだけ少なめに:人気の屋台街は多くの人で混雑し、荷物を多くところもないので小さなバッグで行きましょう。食事中はスリに気をつけてバッグは膝の上に置くようにしてください。

屋台グルメの食べ歩きを楽しもう!

タイの首都バンコクの道を歩くと路上にたくさんの屋台が出ていることに驚くでしょう。なかには高級レストランに負けないくらい人気の屋台もあります。安くて美味しいグルメが楽しめる屋台をはしごして思う存分、絶品グルメとローカルな雰囲気をお楽しみください。

RECOMMEND おすすめの記事