食事・美容・買物

バンコク土産の決定版!タイでおすすめのお菓子10選!ばらまき用にも最適☆

海外旅行で悩ましいのがお土産選び。「ばらまき用はお菓子が定番!」とはいっても、種類がたくさんあって、どれにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、バンコクで絶対に買いたいおすすめのお菓子を10個厳選しました。日本でも有名なメーカーのタイ限定フレーバーやナチュラル素材の身体に優しいお菓子など、セブン(タイ人はコンビニのことをセブンと言います。)やスーパーで手軽に買える商品を紹介します!

お菓子は誰がもらっても嬉しいお土産♪友達や会社の同僚に、バンコクでの旅の様子を報告がてら、お土産を渡してみてはいかが?

ドライマンゴー

南国の国タイといえば、やっぱりマンゴー!うまみをぎゅっと凝縮したドライマンゴーは、日本ではちょっと割高な印象ですが、タイだとお手頃な価格で手に入ります。

タイにはたくさんのドライマンゴーがありますが、有名なのはDOI KHAM(ドイ・カム)の商品です。

たっぷりのお砂糖に漬けられたドライマンゴーは、程よい甘さで優しいお味。お値段も非常にリーズナブルなので、ばらまき用にも最適です。

価格:DOI KHAM 小袋/20THB程度

アクトのバナナチップス

アジア圏でよく販売されているバナナチップスですが、タイのバナナチップスは一味違います!

タイではタマリンドジャムが挟んである、バナナチップスが大人気!バンコクの定番土産として、観光客にも定評があります。

なかでも日本人のご夫婦が経営するタイ雑貨のお店「アクト」のバナナチップスがイチオシ!スーパーのバナナチップスとは一線を画すお味です。

アクトのバナナチップスは、タイ駐在の日本人がこぞってお土産として買いに来るほどの人気ぶり。試食もできるので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

価格:箱入り150g/100THB、袋入り25g×4個/70THB

ドリアンチップス

“フルーツの王様”ドリアンは、あの強烈な匂いから生だと挑戦しにくいフルーツですよね。だったら、もっと手軽に食べられるドリアンチップスにチャレンジしてみませんか?

ドリアンチップスは匂いも気にならず、味にもクセがないので、食べやすいと大好評♪食感は薄いポテトチップスのような感じで、今までドリアンを敬遠していた人でも大丈夫。

どれを買うか迷ったら、「Bee Fruits」がイチオシ!ミツバチのイラストが目印なので、タイ語が読めなくても簡単に見つけられるはず。

味は「SALTY(塩味)」と「SWEET(甘味)」の2種類がありますが、圧倒的に人気を集めているのは「SALTY(塩味)」です。大袋から50gの小袋まであるので、まずは小袋からお試しください!

価格:Bee Fruits 1袋(100g)/100THB

ココナッツチップス

ココナッツチップスもタイらしいお土産の1つです。特に「Glendee」のココナッツチップスは、パッケージもおしゃれで女友達へのばらまき用のお土産にぴったり。フレーバーもいくつかあるので、お好みでどうぞ!

なかでもキャラメル風味のココナッツチップスは日本では販売されていないので、特別感も抜群♪タイならではのお土産をお探しの方にもおすすめです。

価格:Glendee 1袋/35THB程度

ご当地プリッツ

日本国内のみならず、海外でも販売されているご当地プリッツ。タイ定番のフレーバーでは、トムヤンクン味やラープ味が有名です。

でも、実はハムチーズやコーン、ピザ、サワークリーム&オニオンなど、さまざまなフレーバーがあるのをご存知ですか?

バンコクのお土産・・・だけでなく、自分用にいろいろ試してみるのも楽しいかも!?お酒との相性も抜群!おつまみにもどうぞ♩

価格:1箱/13THB程度

ご当地ポッキー

ご存知ポッキーにもタイ版があります。数あるフレーバーの中でも、おさるさんのパッケージが目印のチョコバナナ味とぞうさんのパッケージが目印のマンゴー味がおすすめ!

見た目の可愛さだけでなく、フレーバーもタイらしくて女子ウケすること間違いなし♪小さなお子さんがいるご家庭へのお土産にも喜ばれそうですよね。

10箱入りの商品もあれば、ばら売りの商品もあるので、ご自身の用途に合わせて選びましょう。

価格:1箱/13THB程度

koh haeのナッツシリーズ

koh haeのナッツシリーズは、セブンやスーパーに必ず置いてある、定番中の定番お菓子。ピーナッツは種類が豊富で日持ちもするので、いくつ買っても足りないカモ?!

オーソドックスなチキン味から、コーヒー風味、ワサビ味などの変わり種まであるので、ぜひお試しください。

価格:大きな缶詰/66THB、カシューナッツの小さな袋/22THB

ルパン・バナナ

東京のお土産で有名な「東京ばな奈」。実は、日本を訪れるタイ人旅行者に大人気のお土産なんです。

その影響なのか・・・なんとバンコクには、この東京ばな奈にそっくりなお菓子があるんですよ!その名も「ルパン・バナナ」。パッケージはもちろん、味や形までそっくり!

味はバナナ風味のカスタード味とイチゴ味の2種類。気になるお味は、やっぱり美味しいとのこと。タイのパンメーカーが作っていて、バンコクのセブンで購入できますよ。ウケ狙いに買ってみては?

価格:1個/12THB

ジム・トンプソンファームのフルーツゼリー

バンコク発祥の人気ブランド「ジム・トンプソン」からもお菓子のお土産が登場!ジム・トンプソンは、”タイのシルク王”と呼ばれるアメリカ人実業家。バンコクの高級デパートでタイシルクの衣料品販売をしています。

そんなジム・トンプソンから登場したお菓子がフルーツゼリー!マンゴー、パパイヤ、グアバなど、タイらしい7種類のフレーバーがセットになったおしゃれなゼリーです。

味はもちろんのこと、パッケージも可愛く、女子ウケすること必至!恋人や女友達など、特別な方へのお土産にも最適です。

こちらのフルーツゼリーはジム・トンプソンの一部店舗もしくは、セントラルワールドで購入できますよ。

価格:1袋/180THB

キングパウロール(KING POW ROLL)

タイ伝統菓子である、ロール状のお菓子「トーンムアン」。そのトーンムアンをチョコレートでコーティングしたお菓子が、キングパウロールです。

クレープのようなサクサクとした生地とビターチョコレートの相性が抜群!一度食べ始めたら止まらなくなる?!病みつき注意のお菓子です。チョコレート味以外のフレーバーもあるので、いろいろと食べ比べて、お気に入りの一品を見付けましょう!

タイのお菓子にしてはやや高めですが、箱入りなので、きちんとしたお土産としておすすめです。バンコク市内だけでなく、スワンナプーム空港でも購入できますよ。

価格:1箱/205THB

バンコクのお菓子はお土産に最適!

今回ご紹介したバンコクのお菓子は、ほとんどがお手頃な価格なので、ばらまき用のお土産にぴったり!どのお菓子もタイらしい味が楽しめます。

コンビニやスーパーで買い忘れても、空港で購入できる商品もあります。だから焦らなくても大丈夫!じっくりとお土産を選びましょう。

バンコクには、今回紹介しきれなかったお菓子もまだまだあるので、お店で自分好みのお菓子を見つけてくださいね!

RECOMMEND おすすめの記事