観光情報

【バンコク日帰り観光】3倍速で願いが叶うピンクのガネーシャとは?アクセス・参拝方法などをご紹介!

バンコクからの日帰りでの旅行先としても人気を集める「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」。近年巨大なピンクのガネーシャ像がSNS映えすることで、益々注目を集めています。

祈願成就までのスピードが速いことで知られるピンクのガネーシャ像はタイ屈指のパワースポットとしても大人気!ここで願い事をして幸福を手に入れちゃいましょう。

ここではピンクのガネーシャの基本情報やアクセス、参拝方法などをまとめてご紹介します。事前にチェックして観光計画の参考にしてくださいね!

ピンクのガネーシャとは?

近年SNSを中心に注目されているピンクのガネーシャは、バンコク郊外にあるワット・サマーン・ラッタナーラーム」という寺院内にあります。鮮やかなピンク色の巨大な像はインパクトがあり、タイ人の参拝客に加え、多くの観光客が訪れる人気スポットに。

あらゆる障害を除去して成功に導いてくれるガネーシャ神。ここにあるピンクのガネーシャ神はなんと通常の3倍の速さで願いを叶えてくれると言われている最強のパワースポットです。

ピンクのガネーシャの全長は横16m・高さ22mもあり、遠くから見ても存在感がありますが、近くから見上げた時の迫力は格別。ど迫力かつピンク色で可愛らしい姿をSNSにアップして皆に自慢しちゃいましょう♪

ピンクのガネーシャはどこにあるの?

ピンクのガネーシャ像で有名なワット・サマーン・ラッターナーラムがあるのは、バンコクから約90kmほど離れたチャチュンサオ県です。

バンコクから車で行く場合の所要時間は1時間半程度なので、あまり滞在日数がない方でも気軽に日帰り観光で訪れることができますよ。公共の交通機関を利用する場合は、ロットゥー(乗り合いバン)・ソンテウなどを利用してアクセス可能です。

ツアーを利用せず行く場合は、交通の便は少し不便ですがそれでも行ってよかったと思える魅力的なスポットです。アクセス方法はこの記事内でご紹介するのでぜひ参考にしてください。

ピンクのガネーシャでの楽しみ方

ワット・サマーン・ラッターナーラムでは、巨大なガネーシャ像はもちろん、それ以外の見どころも必見です。ここでご紹介する参拝方法や楽しみ方をチェックしてピンクのガネーシャ像の魅力を最大限に満喫しましょう♪

①フォトジェニックな写真を撮ろう!

青空の下にドーンっと佇むピンクのガネーシャ像。このフォトジェニックな写真を各種SNSで見たことがある方も多いのでは?

お寺に到着したら、まずは遠くから、近くから、様々な角度からガネーシャ神の写真撮影を楽しみましょう。

定番は正面から見上げるようにして全体を撮影する方法ですが、豪華な装飾が施された頭部や手首、お腹などをズームアップして撮影するのもおすすめです。台座の周囲にいるカラフルなねずみの像もお忘れなく。

②願いを3倍速で叶える参拝方法

通常の3倍の速さで願い事を叶えてくれるピンクのガネーシャ神。日本のお寺とは違った参拝方法は要チェックです。

ピンクのガネーシャ神にお願い事をするときは、ガネーシャ神に直接伝えるのではなく、ガネーシャ神の乗り物である神聖なねずみに伝言で託します。お願いをするときはねずみの耳元で囁き、ねずみのもう片方の耳は手で抑えて願い事が逃げてしまわないようにしてください。

カラフルなねずみがガネーシャの周りにいますが、これらの色は7つの曜日を表しています。自分の生まれた曜日のねずみを見つけて願い事を伝えましょう!

月曜日
火曜日 ピンク
水曜日 緑(午前)
黒(午後)
木曜日 オレンジ
金曜日
土曜日
日曜日

金運UPを狙うなら…?

ピンクのガネーシャの前には、7つの曜日のカラフルなねずみとは別に薄黄色のねずみが2匹います。地元タイ人は曜日ねずみではなく、こちらのねずみにお願いをしている人がほとんど

それはなぜか…?この2匹のねずみは金運に関する願い事を叶えてくれることで有名だから♪商売繁盛や臨時収入を期待したいときなど、叶えたい願いが金運に関するものなら迷わずこっちにお願いをしましょう!

曜日ねずみと同様に、願い事を囁く際はもう一方の耳を塞ぐ事をお忘れなく。金運がアップして、またすぐにタイに旅行に来れると良いですね!

③まるでテーマパークのような寺院を散策

ワット・サマーン・ラッタナーラームの広い境内には、ピンクのガネーシャ以外にもカラフルで個性的なオブジェがたくさんあります。お寺だということを忘れてしまいそうになるほど賑やかな雰囲気です。

カラフルな龍水に浮かぶ巨大な蓮なども撮影スポットとして人気。ちなみに日本のアニメキャラクターもいるので、ぜひ探してみてくださいね♪

寺院は荘厳な雰囲気というイメージがあるかもしれませんが、ここではアミューズメントパークにいるような不思議な気分に浸れます。お願いごとをするだけでなく、ユニークなオブジェもじっくり楽しみましょう♪

ピンクのガネーシャへのアクセス方法

バンコク郊外の最強パワースポットであるワット・サマーン・ラッタナーラームへは、バンコクの中心地から車で約1時間半〜2時間でアクセスできます。人気観光地という事もありバンコク発の日帰り観光ツアーもあるので、海外旅行初心者の方や初めてバンコクを訪れた方はこちらを利用しても良いでしょう。

タクシーやツアーを利用しない場合は、ロットゥー(乗り合いバン)とソンテウ(乗り合いタクシー)を乗り継いでアクセスできます。

  1. バンコクBTSエマカイ駅東側のバスターミナルに向かいましょう。ここからロットゥーに乗車します。(所要時間2時間)
  2. チャチュンサオバスターミナルにてソンテウに乗り換え、約30分程度でワット・サマーン・ラッタナーラームに到着します。

チャチュンサオバスターミナルからのソンテウの行き先はタイ語で書かれていますが、乗り場にピンクのガネーシャの看板があるので、その看板を目印にしましょう。

ピンクのガネーシャの基本情報

英名 Wat Saman Rattanaram
住所 Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao
電話番号 081-983-0400
休館日 なし
URL https://www.facebook.com/WatSaman2556/

ピンクのガネーシャには休館日はなく、いつでも見ることができますが週末は地元タイ人で混み合うので、できれば平日に行くことをおすすめします。

また、行き帰りに渋滞にはまるとかなり時間がかかるので通勤や帰宅ラッシュ時にかぶらないように予定を立てることをおすすめします。

話題のパワースポットで貴重な体験を♪

近年、日本人観光客からの人気が急上昇中のピンクのガネーシャについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ワット・サマーン・ラッタナーラームは、ガネーシャ像の迫力、祈願成就の速さ、数々のユニークなオブジェなど魅力的なポイントが盛りだくさん♪

お土産ショップや食堂、屋台などもあるので朝から出かけて1日のんびりと買い物やランチも楽しむのもおすすめですよ。

RECOMMEND おすすめの記事