観光情報

タイ・バンコクで人気の水上マーケット5選!おすすめの時期から注意点までご紹介♪

タイの首都バンコクの水上マーケットは、世界中の観光客が訪れる人気観光スポットです。食料品や生活雑貨など、さまざまな商品を乗せた船が水路を行き交う姿はバンコクならでは!どこを切り取っても絵になります。

この記事では、多くの観光客が足を運ぶ人気の水上マーケットから地元の人が利用するちょっとローカルな水上マーケットまで、計5つの水上マーケットを厳選して紹介します。各マーケットごとの特徴や魅力、楽しみ方、注意点など…旅行前に知っておきたい情報をまとめました。

水上マーケットとは?

「バンコク 観光」で検索をすると、絶対に上位でヒットする水上マーケット。

バンコクがかつて「水の都」と謳われていた所以は、街の至るところに流れていた運河にあります。現在は陸の交通手段が発達したために運河の数も減りましたが、今でも多くの人が水上バスやタクシーを利用しており、運河は人々の移動手段として欠かせない存在です。

そんな運河は、人々の移動手段としての機能だけでなく、行き交う商業船から食料品や日常品を購入する生活の場でもありました。水上マーケットの見学を通して、タイ人の生活スタイルを覗いてみましょう!

水上マーケットで売っている商品

バンコク市民にとって、スーパーマーケット的な存在である水上マーケット。実際、本当に何でも売っているので初めて訪れた方は驚くことも!

獲れたての新鮮な野菜や果物、魚介類はもちろん、ファーストフード感覚で食べられるタイ料理や生活用品、お土産に最適な工芸品など、ありとあらゆる物が販売されています。

自分用やバラマキ用のステキな雑貨を探すも良し、現地の方の日常の暮らしを体験したいという方にも大満足いただけるスポットです♪

水上マーケットの楽しみ方

水上マーケットは水上をボートに乗って進んで行きます。ボート乗り場までは、バスやタクシーで行くこともできますが、バンコク市内から時間がかかる場合も!快適に観光をするのであれば、ツアーの利用がイチオシ!手軽に水上マーケットまでアクセスできますよ♪

水上マーケットの楽しさはなんと言っても値段交渉!お目当ての商品が見付かれば、売り手さんとの会話を楽しむ感覚で、タイ語で「まけて」という意味の「ロッダイマイ」と気軽に声をかけてみましょう。

また、一口に水上マーケットといっても、その特徴は様々!マーケットの規模や販売されている商品も微妙に異なるので、日程や目的を吟味しつつお目当ての水上マーケットを探してみてくださいね!

おすすめの時期はいつ?

季節を問わず楽しめる水上マーケットですが、おすすめの時期はバンコクの乾季にあたる11~2月です。この時期のバンコクの天気は概ね安定していて穏やかで、ほぼ毎日青空が広がります。

日中の平均気温は30℃前後。夜間の気温は20℃前後なので、どんな観光を楽しむにも、もってこいの季節です♪

バンコク人気の水上マーケット5選

数ある水上マーケットの中から特におすすめしたいスポットを5箇所厳選して紹介します。各マーケットごとの魅力や楽しみ方も合わせて見て行きましょう。

一番人気の水上マーケット!ダムヌンサドゥアック水上マーケット

バンコク市内から車で1時間。ガイドブックには必ずと言っていいほど掲載されている人気の水上マーケットがムヌンサドゥアック水上マーケットです!

こちらの水上マーケットは減少しつつある水上マーケットの文化を保存するために新しく作られた場所なので、理想の水上マーケットの要素をぎゅぎゅっと凝縮した水上マーケットになっているんです…!水路を行きかう船からは手軽に食べられるタイ料理や、運河沿いのお店にはカワイイ雑貨店も!

観光客も多いので、英語や日本語を話せるタイ人の方も多く、気軽に値段交渉ができる安心感も抜群♪朝早く始まるマーケットなので、ピークは朝8〜10時。早起きに自信がある方はぜひ行ってみてくださいね!

バンコクっ子も訪れる!アンパワー水上マーケット

こちらもバンコク市内から車で1時間半と立地が良く、アクセスのしやすさやに定評があります。

昔ながらの建物が残り、伝統的な水上生活を続けている地元民も多く、どことなく田舎を思わせる要素が都会の騒動を離れたいバンコクの現代っ子にも大ウケ♪観光客のみならず地元の若者たちでも賑わいます。

全長500mにも及ぶ運河の周りには、地元でも人気のスイーツ店や土産屋がぎっしり並んでいるので、ボートに乗らなくても楽しめますよ。蛍の時期には蛍鑑賞も楽しめるので、こちらもお見逃しなく!

また、アンパワー水上マーケットが開催されているのは毎週金土日曜日の15〜21時なので、上記のダムヌンサドゥアック水上マーケットに行くには早起きが辛い…という方は、古き良き時代のタイを感じられるアンパワー水上マーケットて行ってみては?

歴史遺産好きさんにはここ♪アユタヤ水上マーケット

バンコク市内から車で約1時間の距離にある「アユタヤ水上マーケット」。世界遺産であるアユタヤ遺跡とも近く、合わせて見て回るのにもおすすめです。

2010年にオープンした比較的に新しい水上マーケットで、現地の人からは古来の呼び名「アヨタヤ」の名で親しまれています。

運河が人口水路でできており、伝統的な雰囲気にはやや欠けますが、その分衛生管理はバッチリ!お洒落なカフェやマッサージ屋さんもあり、女子旅にもおすすめですよ♪

④ゆっくり観光できる!タリンチャン水上マーケット

タリンチャン水上マーケット」は、バンコクからバスで30分とほかの水上マーケットに比べてよりアクセスしやすい場所に位置しています。ダムヌンサドゥアック水上マーケットやアンパワー水上マーケットなどと比較すると規模感はやや劣りますが、観光地化されすぎていないため、しつこい勧誘がなく比較的ゆったりと観光だけに集中することができますよ。

またロングテールボートに乗れば、周辺の運河を周遊しながら現地の方の生活の様子を見て回ることもできますよ♪タリンチャン水上マーケットが開催されているのは週末だけですが、バンコク旅行が2回目の方やのんびりと観光楽したい方におすすめです。

ローカル感を味わうなら?クローンラットマヨム水上マーケット

バンコク市外から1時間ほどの距離にある「クローンラットマヨム水上マーケット」。

地元の方に愛される素朴で超ローカルな水上マーケットです。

他の水上マーケットと異なる点は、ボートではなく運河沿いのお店で買い物ができ、ほとんど外国人がいないという点。また、タリンチャン水上マーケットと数kmの距離にあるので、天気が良ければ2つの水上マーケットをはしごして楽しむこともできますよ♪

水上マーケットに行く際の注意点&持ち物

親日家が多いタイですが、それでも日本とは異なる外国であり、特に水上マーケットは世界中から観光客が集まるので、観光客狙いのひったくりやスリなどの被害も頻発しています。

小さなカバン

特にダムヌンサドゥアック水上マーケットなどの人気水上マーケットは、人がとっても多く混雑しているので、荷物はなるべくコンパクトにまとめて、体の前に持っていき、常に目が届くようにしましょう。

歩きやすい靴

リゾート気分を楽しみたいバンコクですが、水上マーケットに行く際は歩きやすい靴に履き替えるのが鉄板です!歩道が狭い場合が多いので、サンダルは歩きにくく、混雑する人ごみで足を踏まれる可能性も。

細かいお金

ステキなアイテムを見つけたら、売り手さんと交渉しつつ購入するのがマーケットの醍醐味ですが、大きい紙幣を出すとおつりがないというのもしばしば…10THB単位で細かくお金を用意しておくと安心です。

バンコクならではの水上マーケットを楽しもう!

いかがでしたか?バンコク近郊には複数の水上マーケットがありますが、それぞれ個性や開催時間に違いがありますよね。人気のスポットかローカルなスポットか、またどの時間帯に行きたいかによっても行くべきマーケットが変わってくるので、ぜひこの記事を参考に旅行計画を立ててみてくださいね♪

RECOMMEND おすすめの記事