バンコク現地ハウツー

タイ・バンコク市内のフリーWi-Fi事情!ルーターレンタル&Simカードの利用方法も解説。

タイへの海外旅行時に観光地やホテルの検索にも使える、便利なインターネット。タイの首都バンコクでは空港やカフェなどでフリーWi-Fiが利用できるように整備されています。

今回はタイ・バンコクで使える無料のWi-Fi環境や接続方法について、またタイ旅行時に役立つおすすめのレンタルルーターやsimカードなどの情報をお届けします。タイでもインターネットを駆使して快適な旅行にしてくださいね。

タイの首都バンコクのWi-Fi事情とは?

タイの首都バンコクでは、無料でインターネットが使用できる「フリーWi-Fiスポット」が充実しており、とっても便利!

自身が行きたい観光地の情報やお店の地図を調べたり、現地の言葉を検索してタイの人々と会話を楽しんだりと、インターネットは慣れない海外旅行を助けてくれる強い味方となります。

タイ・バンコクでフリーWi-Fiが使える場所は、海外旅行者の玄関口である空港やカフェなどの飲食店、またお土産の購入にも便利なショッピングモールなど。多くの人が集まる場所を中心に、無料でインターネットに接続できるように整備されています。

ただし、バンコク市内のフリーWi-Fiは使えるスポットによっては、回線速度が遅いことやインターネットに繋がりにくい回線混雑などの障害が発生することもしばしば。

あくまでも無料で使えるサービスですので、長時間接続して利用する・・・という使い方には向いていません。

フリーWi-Fiならタイ政府運営の「Free Public WiFi」が便利!

バンコク市内だけでなく、タイ国内でおよそ2万カ所にフリーWi-Fiスポットを完備しているのが「Free Public Wi-Fi」です。

タイ政府が運営している公共インターネットサービスで、タイの各駅やバスターミナル、警察や観光地などの公共施設を中心に設置されています。

ただし、先ほども紹介した通り、無料Wi-Fiスポットに対して回線や通信速度を期待するのはNG。タイ旅行時のちょっとした調べものなどに活用するのが良いでしょう。

Free Public WiFiの利用はユーザーID&パスワードの作成が必須!

タイ国内2万カ所に設置されているフリーWi-Fiスポット「Free Public WiFi」。使用時にはIDとパスワードの設定が必要なので、タイの空港に着いた際に登録をしておくと便利ですよ。

タイのバンコクや各観光地で使える、無料Wi-Fiスポット「Free Public WiFi」の設定方法は2種類。

  1. タイ・バンコク現地のサービスセンターでパスポートを提示し、パスワードを発行してもらう。
  2. アクセスポイント「ICT_FREE_WiFi」に接続し、氏名・パスポート番号・住所・電話番号・メールアドレスを記入(すべて英語)してユーザーIDとパスワードを発行する。

上記の方法を行い、再度Wi-Fiに接続すればOKです。

[2]の直接接続する方法は便利ですが、すべて英語で記入しなければいけません。英語が苦手な方や初めての利用時にはサービスセンターでパスワードを発行してもらうと良いでしょう。

Free Public WiFi利用の際の注意点

タイ政府が運営しているフリーWi-Fiスポットの「Free Public WiFi」ですが、利用時にはいくつかの注意点があります。

  1. 1回の接続で利用できるのは2時間のみ
  2. インターネット終了時にはログアウト必須(http://logout.totと入力でログアウト完了)
  3. IDとパスワードの有効期限は6ヶ月

タイやバンコクを訪れる観光客向けの利用を推進している無料インターネットサービスのため、不正なネット利用やWi-Fiを利用した犯罪抑止を理由にいくつかの制限が設けられています。

タイ・バンコクの無料Wi-Fiスポットはまだまだたくさん!

タイのバンコクでは「Free Public WiFi」以外にも、大型ショッピングモールをはじめ大型チェーン店のカフェやマクドナルドなどの飲食店でも専用のフリーWi-Fiが利用可能です。

大型ショッピングモールではインフォメーションセンターで利用申請を行うほか、カフェや飲食店では商品購入時のレシートに記載してあるパスワードを入力して利用するなど、インターネットの接続方法はWi-Fiスポットによって異なります。

タイ・バンコク市内のフリーWi-Fiスポットについては、タビナカマガジンでも詳しく紹介しているので、併せてご覧くださいね!

タイで「Wi-Fiルーター」をレンタルする方法は?

バンコク観光の際に役立つフリーWi-Fiスポット。しかし、バンコクを出て、タイ郊外の観光地を訪れるときや出張などの仕事時に継続的にインターネットを利用するのであれば、Wi-Fiルーターのレンタルをおすすめします。

タイ国内で安定したインターネットを利用できるWi-Fiルーターは、空港などにある現地の通信会社のカウンターでレンタルできるほか、日本の通信会社でもWi-Fiルーターのレンタルが可能。Wi-Fiルーターの受け取りや返却は空港で行えるので、現地の通信会社が不安という方は事前に日本の通信会社で予約をしておきましょう。

Wi-Fiルーターの選び方の基準は、通信料金や通信速度など。自身のインターネット利用スタイルと比較して選びましょう!

タイ旅行時に「Simカード」を利用する方法も!

タイ国内では、無料Wi-FiスポットやWi-Fiルーターのレンタルでインターネットを利用する方法があります。しかし、お手持ちのスマホがsimフリー携帯である場合、タイ現地のSimカードを購入して有料Wi-Fiを利用するという方法もあります。

タイ国内で定番となっている大手通信会社AISをはじめ、多くの通信会社からSimカードが発売されており、日本で事前に購入することも可能。通信回線の混雑や通信速度の遅さなども解消され、ルーターを持ち歩く必要がないので、インターネット利用時の方法として頭に入れておくと便利です。

タイのインターネット利用時に「スマホの予備バッテリー」は必要?

バンコク市内など、タイ国内でインターネットを利用する際に、スマホの予備バッテリーを使う必要はほぼないかと思います。

仕事の関係で常にインターネットを利用している、もしくは膨大なデータ量をやり取りする場合などを除いて観光時に予備バッテリーを持ち歩くことは旅の荷物になるだけかもしれません。

ただし、スマホのバッテリー性能が元々良くない場合や予期せぬ事態に合わせて保険として予備バッテリーを携帯しておくのもひとつの手。特に、出先でスマホを使って動画や写真を撮影する人や頻繁に調べ事をする人は念のために、予備バッテリーを持っておくと安心です。

また、バンコク市内には予備バッテリーを販売しているお店もあるので、もしもの場合が起きた時には現地で購入する方法もありますよ。

タイ・バンコクのWi-Fi情報まとめ

タイ・バンコク国内で無料で利用できるフリーWi-Fiスポットについて、また現地でのインターネット接続方法などをまとめてご紹介しました。

日本と同じくホテルやカフェなどをはじめ公共施設を中心にフリーWi-Fiスポットが充実しており、旅行時にも活躍するタイのインターネット環境。

現地で利用する際に通信速度が心配な方は、日本や現地で購入できるモバイルルーターやSimカードを使用すれば、日本と変わらない通信環境でインターネットが利用できますよ!

RECOMMEND おすすめの記事