バンコク出発前ハウツー

タイのトイレ事情!日本との違い・借りられる場所などタイのトイレの常識はこれ!

日々の生活で欠かすことができない場所「トイレ」。お国が違えばトイレ事情も違います。特に清潔好きな日本人にとっては、カルチャーショックを受けることも!

タイでもやっぱり、トイレ事情は日本と異なります。予備知識なく渡航すると驚くこともあるので、事前にしっかり勉強していきましょう。

驚きのタイのトイレ事情

世界一清潔で、快適だと評される、日本のトイレ。スーパーマーケットやコンビニ、駅、さらには電車内にもトイレがあり、トイレ探しに苦労することのない日本で生活していると、驚いてしまうのがタイのトイレ事情!

バンコクの街中でもよく見るコンビニですが、お客さんが使えるトイレがあることはまずありません。駅やスーパーにあるトイレも綺麗なトイレに慣れている日本人にとっては衝撃的な光景が広がっていることも…。

また、日本にも和式トイレと洋式トイレがあるように、タイ式のトイレにも様式があり、使い方が「??」といったこともあるんです!では日本のトイレとは、具体的にどんな違いがあるのか…?詳しく見て行きましょう!

日本との違いはどうなの?

タイのトイレは全部で3タイプ。まずは、各トイレの特徴と使い方を見ていきましょう。

①日本で言う洋式トイレ(ウォシュレット機能付き)

もはやこちらは説明不要?!日本では一般的なウォシュレット機能付きのトイレです。現在、タイでも少しずつ普及してきました。しかし、まだ一部のデパートやホテルにしか完備されていません。

➁ウォーターガンというホースが便器の隣についてるトイレ

タイで最も一般的なトイレがこちらのタイプ。便器の横にホースが付いているのですが、これはトイレ掃除に使う道具ではなく、お尻を洗うもの。ウォシュレット機能を手動で行うためについています。

局部を洗いたい時はこちらを使用しますが、結構な水圧で出てくるので、使う時は一度”試し打ち”をするのがおすすめ!慣れていないと水はねが起きるので、トイレットペーパーを多めに用意しておくと安心です。

③田舎に行くとよく見る、タイ式のトイレ

日本の和式タイプのトイレによく似ていますが、自動洗浄でないのが難点…!便座のとなりに洗面器があり、そこにひしゃくが置いてあるタイプ。

用を足した後、そのひしゃくでお尻&便器のなかのものを流すようになっています。なので、当然トイレットペーパーも置いてありません。地方へお出かけの際には必ずポケットティッシュを持って行くようにしてくださいね!

日本との一番の大きな違いは?

見た目も似ているタイのトイレですが、一番の戸惑いポイントはココ。

トイレットペーパーは流さない!

実はこれが非常に大事なんです。タイのトイレットペーパーは水溶性ではなく、配管も狭いので、トイレットペーパーを流すとトイレが詰まってしまいます。便器の隣には大きめのゴミ箱が必ず設置されているので、使用後の紙はこちらのゴミ箱に捨てましょう。

また、先ほど「タイ式トイレにはトイレットペーパーはない」と記載しましたが、ほかの様式のトイレでも”紙切れ”がよくあります。タイ旅行の際には日本から多めにポケットティッシュを持って行くことをおすすめします。

タイでトイレが使える場所

タイで街歩きをしている時に「トイレに行きたい」と思ったらどうすればいいのか?トイレが借りられるスポットを紹介します。

①デパート・ショッピングモール

タイでのショッピングに便利なデパート&ショッピングモールには必ずトイレがあります。

特に日本人ご用達のデパートや日本の観光本に紹介されているお店のトイレは日本に劣らないくらいキレイ♪大型のお店はだいたい駅前にあるので、タイ観光の際に一役買ってくれそうですね!

➁ホテル

ホテルもデパート&ショッピングモール同様の清潔感抜群なトイレが使用できます。自分が泊まっているホテルでなくても借りることができるので、近くにあったら使わせてもらってください。

③病院

意外と思いつかないスポットですが、病院のトイレもおすすめ!病院…という場所柄、非常に清潔なトイレが利用できます。

④公園(有料)

大きな公園には必ず講習トイレがあります。有料トイレであることが多く、有料な割には清潔感にはイマイチ…。しかし、緊急時のために覚えておいて損はありません!

どこのトイレでもありますが、荷物を荷物かけに掛けて用を足しているときに、その荷物をドアの外から持って行ってしまう盗難事件もあるので気を付けてくださいね。

➄中長距離のバスステーション

お出掛け前には必ずトイレ!が基本ですよね?中長距離のバスターミナルには、必ずトイレがあるので、これから乗る人も降りた人も寄っておくと安心です。

➅ガソリンスタント

道を歩いていると見かけるガソリンスタンド。ここにも必ずトイレはあります。こちらもあまり清潔ではありませんが、緊急時には貸してもらいましょう。

基本的には勝手に使ってOKなので、気軽に使えていいですよ!

気になる衛生面は?

観光客が多く集まるデパートや一流ホテルでは、日本と変わらない衛生的なトイレに出会えます。タイではまだ貴重なウォシュレット機能付きのトイレが設置されていることも!

一方で、公園や観光スポット、地方などのトイレは残念なところが多いです、また、備え付けのトイレットペーパーはないと思っていた方が無難。

日本からポケットティッシュをもって行くのはもちろん、便座を拭くなどにも使える、「除菌ウェットティッシュ」などを持っていくと、気分良くトイレが使えますよ。

タイのトイレを使いこなそう!

タイのトイレ事情について紹介しましたが、いかがでしたか?基本的にはデパートやホテルで使うのがベター!東南アジアの旅では、お腹を壊すことも多々あるかと思うので、その他のトイレの場所も覚えておきましょう。

また、タイに限らず海外旅行の際には、自前の紙を持って行くのがマスト!日本のトイレは本当にキレイです!日本のような美しく、整備されたトイレ気分で行くと後悔しますよ。とは言え、ティッシュや抗菌シートを持参するなどといった少しの工夫でトイレを快適に使うことができるので、ご安心くださいね!

RECOMMEND おすすめの記事