バンコク出発前ハウツー

バンコク旅行の前に知っておきたい!バンコクのコンセント・電圧事情は?

旅先の情報をネットで検索したり、思い出を写真に残したりと、今や海外旅行にスマホを持って行くのは当たり前。旅先できちんと充電できるのかは気になりますよね!

そこで今回は、スマホやデジカメなどの充電器を使いたいとき、バンコクではコンセントにそのまま充電器を差し込んでも良いのか?それとも変換プラグが必要なのか?など、バンコク旅行の前に知っておきたいコンセントや電圧事情をご紹介します。

【世界遺産】遺跡の街アユタヤ観光&おすすめの水上マーケット<ホテル送迎・ローカルランチ・現地の日本語ガイド付!>

11時間
★★★★★
日本語ガイド&送迎付きなので海外旅行初心者の方でも安心です。

バンコクのコンセントやプラグは日本と同じ?

まず、基本的なことから説明すると、壁にある差し込み口が「コンセント」。コードの先にある差し込む部分が「プラグ」です。

つまり、バンコク旅行の際に知っておくべきことは、バンコクのコンセントの形状を把握して、日本から変換プラグを持って行く必要があるのか?ということになります。

バンコクのコンセントの形は3種類!

では、バンコクのコンセントの形状はどうなっているのでしょうか?

バンコクでは日本で使用されているものと同じ、Aタイプの形をしたコンセントのほかに、CタイプとB3タイプの3種類があります。

ただし、3タイプとも使用可能な汎用型のコンセントもあるので、バンコク旅行に日本の電化製品を持ち込んでも大丈夫!コンセントが合わなくて困ることは、ほとんどありません。

プラグの差込口の違いを補う「変換プラグ」は100均や家電量販店などで簡単に入手できます。もし心配ならば、事前に購入しておきましょう。非常に軽量なので、お守りとして1つ持っておくと安心ですよ。

バンコクの電圧は日本と同じ?

電圧が違うと、電化製品の事故や故障の原因につながる可能性があります。

せっかく日本から電化製品を持っていっても、電圧の違いで使えなかったり、壊してしまったら意味がありませんよね。持参する電化製品の電圧は事前に必ず確認しておきましょう。

バンコクと日本の電圧・周波数の違いについて

日本とバンコクの電圧・周波数は以下の通り。

  • 日本の電圧:100V・周波数は50Hz(東日本)/60Hz(西日本)
  • タイの電圧:220V・周波数は50Hz

関東と関西とで周波数に違いがありますが、日本の電化製品は50/60Hz両方に対応できるようになっているので、周波数については大きく心配する必要はないでしょう。

問題は電圧です。バンコク旅行の際は、日本の電化製品が使えるように、220Vを100Vに下げる変圧器が必要になります。

バンコク旅行に変圧器は必要?

日本から持参した電化製品をバンコクで使うためには、変圧器は必須です。では、バンコク旅行に必ず変圧器を持っていかなければならないのでしょうか?

答えはノー!必ずしも変圧器を持っていく必要はありません。というのも、ホテルのフロントで変圧器を貸してもらえることが多いからです。重くて荷物になるので、日本から持っていくよりも借りたほうが断然楽ですよ。

それでもホテルで借りられるか心配だから・・・と変圧器を持参したい人もいるかと思います。その場合は、220Vを100Vに下げるダウントランス(降圧変圧器)を選んでくださいね。

国際対応の電化製品を持参する

近年、スマホの充電器などはユニバーサル仕様のものが多いので、お手持ちの充電器を確認してみましょう。240Vまで対応可能な充電器であれば、変圧器は必要ありません。

また女子必須アイテムであるヘアアイロン(コテ)やシェーバーなども国際対応の商品が販売されています。変圧器よりも軽量で、尚且つ安価で販売されている場合もあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

変換プラグや変圧器はどこで買える?

基本的に変圧器や変換プラグは日本の家電量販店で購入可能です。店舗によってはホームセンターで取り扱っている場合もあるので、一度最寄りの店舗を確認してみると良いでしょう。

もちろん、ネット通販でも買えるので、入手に困ることはありません。

もし、出発まで買い忘れてしまった場合でも、空港のショップが開いている時間帯であれば、変換プラグは買えるので安心してくださいね!

バンコクは日本と電圧が違うので電化製品の確認を!

バンコクと日本では電圧が違うので、変圧器は必須!ただし、事前に用意しなくても、ホテルで借りることができるので慌てる必要はありません。海外対応の電化製品を持っていくという方法もありますよ。

せっかく持参した電化製品が使えなかったり、壊れてしまっては元も子もありませんから、事前に電圧の確認をしてくださいね。楽しいバンコク旅行にするためにも、しっかりと準備しましょう!

RECOMMEND おすすめの記事