バンコク出発前ハウツー

バンコクの空港は「スワンナプーム」と「ドンムアン」の2つ!使い分けのコツを紹介。

タイの最大都市であるバンコクには、「スワンナプーム国際空港(BKK)」と「ドンムアン空港(DMK)」の2つの空港があります。

初めてバンコクを訪れる人であれば、どちらの空港を利用すべきか悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、各空港の場所や利用用途といった空港の特徴や使い分けのコツを紹介します。初めてのバンコク旅行やトランジットでバンコクの空港を利用する方はぜひ、参考にしてください。

「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の違い

スワンナプーム国際空港とは、その名の通り国際線が多く就航する空港です。

レガシーキャリアと呼ばれる通常の航空会社(日本で言うとJALやANA)が発着。アジア屈指のハブ空港として、多くの人が利用します。

一方でドンムアン空港は、現在LCC(格安航空会社)専用の空港となっており、バンコクエアやエア・アジアXなどの航空会社を中心に国内線・国外線を就航させています。

規模も第1ターミナルから第3ターミナルまで歩いて移動できる程度のコンパクトな空港となっています。

スワンナプーム国際空港の特徴

スワンナプーム国際空港は2006年に完成した、比較的新しい空港です。敷地面積は成田空港の約3倍!2016年のデータによると、年間約5500万人もの利用者がいる超巨大空港となっています。

ドイツの建築家である「ヘルムート・ヤーン氏」によってデザインされた空港は空港全体がガラス張りになっており、開放感も抜群!美しい楕円を描いたルックスが見る人の目を惹き付けます。

空港内にはブランド店や土産物屋、レストランが充実しており、まるでショッピングモールのよう!広々とした空間は清潔感があり、快適な時間をお過ごしいただけますよ。

注意点

時期によっては、空港内が非常に混雑する場合があります。

空港内には時間をつぶせるお店が沢山あるので、国際線利用の場合は余裕をもって、最低でも2時間前には到着しておくことをおすすめします!

ドンムアン空港の特徴

1914年に開港。第二次世界大戦からスワンナプーム国際空港開港までは、バンコクの主要空港として多くの人が利用をしていました。しかし、段々と手狭になり、スワンナプーム国際空港を建設。現在、ドンムアン空港は国内線を主とした空港へとニーズが変化しました。

その後、LCCの普及とともにドンムアン空港はLCC専用の空港に発展!エア・アジアXやスクートなどが就航をしています。

ドンムアン空港もスワンナプーム国際空港同様、簡易宿泊施設やタイ古式マッサージ、免税店やタイ雑貨・食品を販売するお店が充実。トランジットなどで立ち寄った際に、本場タイ料理を堪能したり、マッサージでリラックスしたりと時間潰しにも最適です。

各空港間の移動について

スワンナプーム国際空港からドンムアン空港までの距離は約36Km!意外に長い距離を移動する必要があります。

もちろん、この区間をタクシーで移動することも可能ですが、各空港間は無料のシャトルバスが1時間に1本出ているので、急ぎではない限りは、こちらのシャトルバスを利用すると良いでしょう。

但し、利用条件として、乗り継ぎの搭乗券を持っていることが必須となります。乗車にはチケットの提示が必要なので、あらかじめ手元に用意をしておきましょう。

各空港を利用する上での注意点

例えば、日本→スワンナプーム国際空港→ドンムアン空港→チェンマイなど、スワンナプーム国際空港に到着して、すぐにドンムアン空港で乗り換えて地方に・・・というルートも決して不可能ではございません。

しかし、空港間の移動の際に渋滞にはまる可能性があること。そして、スワンナプーム国際空港までの航空会社とドンムアン空港までの航空会社が違えば、遅延などの連携や保証がないこと。この2点を踏まえると、乗り継ぎには最低でも4時間は見ておきましょう!チケットを購入する際には、十分に注意をしてくださいね。

各空港の使い分けのコツ

どちらの空港も設備が充実しており、使い勝手の良さは抜群。基本的には、JALやANAといった一般航空会社を利用するか、LCCを利用するかで、空港を使い分けると良いでしょう。

但し、バンコク到着後にチェンマイやスラートターニーなど、タイ国内を移動する場合はドンムアン空港の利用が断然おすすめ!空港間の移動時間を心配する必要もなく、トランジットもスムーズ!バンコクからタイ国内への移動は飛行機で1時間程度とLCCでもストレスを感じることなく移動ができますよ。

また、チケットも安く、バス感覚で利用できるのも嬉しいポイント!タイ郊外にも魅力的な観光地が数多く存在するので、ぜひバンコクを拠点にいろいろと旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

バンコクの2つの空港はこんな使い方をしよう!

スワンナプーム国際空港とドンムアン空港。利用する空港を決めるポイントは「バンコク到着後にどこに行くか?」これに着きます。バンコク到着後にバンコク旅行を楽しむのであれば、どちらの空港を選んでも大きな差がありません。但し、バンコクでトランジットをして、タイの地方エリアにアクセスする場合は、ぜひスワンナプーム国際空港をご利用ください。

ここまでの情報を参考に、ご自身のバンコク旅行プランにあった空港を選んでくださいね。

RECOMMEND おすすめの記事