人気アクティビティ

【2019年】タイ・パンガン島のフルムーンパーティー情報!開催日程やアクセス・楽しみ方をチェック!

日本人に人気の観光地タイでは、フルムーンパーティーという世界的にも有名なビーチパーティーが開催されています。今回はタイのパンガン島で毎月満月の夜に行われるフルムーンパーティーについて徹底解剖。

基本情報に加え、楽しみ方やアクセス方法、注意点などをチェックしてフルムーンパーティーを120%楽しむ準備をしましょう!

フルムーンパーティーってどんなパーティー?

「フルムーンパーティー」とは、タイ南部にある孤島パンガン島(Koh Pha Ngan)で、毎月満月の夜に開催されるお祭りです。スペインのイビサ島、インドのゴアと並び、”世界三大フルムーンレイブパーティー“と言われ、毎月約2〜4万人の人々が集まります。

会場となるビーチ沿いには数多くのDJブースが並び、レゲエ・HIP HOP・EDMなどの音楽でお祭りを盛り上げてくれます。翌日明け方まで音楽を聞きながら踊ったり、お酒を飲んだりして大いに楽しみましょう!

フルムーンパーティーを楽しむためのポイントをいくつかご紹介します。

ネオンペイント&服でお祭り気分アップ

フルムーンパーティーは夜に行われることもあり、蛍光色のフェイス&ボディペイントをするのが定番です。

ネオンペイントはお店の人に頼むこともできますが、自分で好きなようにペイントするのもおすすめ♪

水溶性の絵の具なので水で落ちます。肌が敏感な方などペイントに抵抗がある方は、蛍光色のTシャツやタンクトップを着用してはいかがでしょうか?ライトの下でよく映え、旅の思い出として残すこともできますよ。

光るブレスレットやカチューシャなどを身につけている人もたくさんいます。どれも現地で販売されているので事前に用意して行く必要はありません。格好からお祭り気分を盛り上げていきましょう!

ど迫力のファイヤーショーに参加!

フルムーンパーティーの名物といえば、燃え盛る炎を使った迫力あるファイヤーショーです。パフォーマーが炎を自由自在に操るド迫力のショーに会場からは歓声が上がります。

炎のバーを使ったリンボーダンス、炎の大縄跳び、輪くぐりなど、会場に集まった人々が参加できるものもたくさんあるので、勇気を出して挑戦してみてはいかがでしょうか?

もちろん危険が伴うものなので、自信のない場合やお酒に酔っている場合などは挑戦を控えておきましょう。安全第一です。

バケツカクテルで仲間とワイワイ♪

フルムーンパーティーの会場内ではアルコールがたくさん販売されています。なかでも人気が高いのが小さなバケツにウイスキー、ジン、テキーラなどとジュースなどを入れたバケツカクテル

バケツにストローをさして、みんなで回し飲みをします。お酒とジュースや栄養ドリンクなどの組み合わせが豊富なので、中をよく見て気になるセットを選びましょう。

宿泊をして朝まで楽しもう!

パンガン島のフルムーンパーティー参加は、日帰りでも可能ですが、パーティーが盛り上がるのは夜中なので宿泊して参加するのがおすすめ。近くの宿泊施設を予約しておき、帰りの心配をすることなく、思う存分パーティーを満喫しましょう。

フルムーンパーティー開催期間におすすめの宿泊エリアは以下の2つです。メリット・デメリットをチェックして宿泊先選びの参考にしてください。

おすすめの宿泊エリア①ハードリン

フルムーンパーティーが開催されるハードリンビーチの近く。

メリットは会場が近いため、行き帰りが楽。また、一晩中お祭りの賑やかな雰囲気を楽しめるといったことが挙げられます。

その反面で、街の中心地から遠いことや開催期間中はホテルの価格が高騰するといったデメリットもあります。

おすすめの宿泊エリア②サムイ島

パンガン島への経由地として便利なサムイ島。パンガン島まではフェリーで40分と近く、パンガン島とサムイ島、2つの離島をまとめて楽しみたい方にもおすすめです。

メリットとしては、宿泊施設が多様で選択肢の幅が豊富。大きな荷物を置いてから、パンガン島に向かえるため、身軽な状態で行動できるといった点が挙げらます。

その反面で、パーティー帰りのフェリーが大混雑することや帰りのホテル到着までに非常に時間がかかるといったデメリットもあります。

フルムーンパーティーの開催場所

フルムーンパーティーが開催されるのはタイ南部の離島パンガン島の南端「ハードリン・ビーチ」。パーティー期間以外は観光客もそれほど多くなく、のんびりとビーチや自然を楽しめる穴場スポットです。

2019年の開催日時をチェック

毎月満月の夜に開催されるフルムーンパーティー。2019年の日程は以下の通りです。

ちなみに夕方頃からイベントは始まりますが、もっとも盛り上がるのは22時〜翌3時頃なのでエネルギーをチャージして夜出かけるのがおすすめですよ♪

1月 20日 日曜日
2月 20日 水曜日
3月 20日 水曜日
4月 19日 金曜日
5月 19日 日曜日
6月 17日 月曜日
7月 18日 木曜日
8月 15日 木曜日
9月 13日 金曜日
10月 14日 月曜日
11月 11日 月曜日
12月 11日 水曜日

ほかにもさまざまなパーティーがあるんです!

毎月半月の夜に開催される「ハーフムーンパーティー」、毎月新月の夜に開催される「ブラックムーンカルチャー」というパーティーもあるので、フルムーンパーティーに旅程が合わない場合はこちらも併せてチェックしてみてくださいね!

フルムーンパーティー会場へのアクセス方法

パンガン島にあるパーティー会場までのアクセスは、少しややこしいので事前によくチェックしておくことが大切です。

ここでは、バンコクからパンガン島までパンガン島内からパーティー会場までのアクセス方法をご紹介します。

バンコクからパンガン島へのアクセス方法

フルムーンパーティーの会場があるパンガン島まではバンコクから電車・バス・飛行機+フェリーを利用したアクセス方法があります。パンガン島には空港がないので、どれも最終的にはフェリーに乗って到着です!

それぞれのアクセス方法をチェックしていきましょう。所要時間や費用が大きく変わるので旅の日程や予算を考えて自分に合ったアクセス方法をお選びください。

①電車+フェリーでアクセス

  • 所要時間:約15時間
  • 料金:1,000〜2,000THB

電車:ファランポーン駅→スラタニ(9時間半〜11時間半/500〜1,300THB)、フェリー:スラタニ→パンガン島(4時間/500THB)

安さとローカルの雰囲気を感じられるのが魅力。時間に余裕がある方やローカル寝台列車の旅に興味がある方はご検討ください。エアコン付きの二等車以上がおすすめです。

②バス+フェリーでアクセス

  • 所要時間:約10時間
  • 料金:1,300THB

バス:カオサン通り→スラタニ(6時間)、フェリー:スラタニ→パンガン島(3時間)全て合わせて1,300THB。

カオサンにあるロンプラヤ(LOMPRAYAH)社が運行しているツアーです。バンコクのカオサンロードを朝6:00に出発して16:00過ぎにパンガン島に到着。バスとフェリーの料金が含まれているのでチケットの心配が必要なく、便利ですよ。

英名 Lomprayah Bangkok
住所 154 Rambuttri rd., Banglumpoo, Bangkok 10200
電話番号 +66 2 629 2569
HP https://www.lomprayah.com/

③飛行機+フェリーでアクセス

①スワンナプーム空港〜サムイ島〜パンガン島

  • 所要時間 :約3時間
  • 料金:3,000〜5,000THB

飛行機:スワンナプーム空港→サムイ島(1時間半/3000〜5000THB)、フェリー:サムイ島→パンガン島(40分/300THB)

値段は高くなりますが、最短でアクセスでき人気のサムイ島観光を楽しむことができます。 開催日前後のチケットは早めに売り切れるのでなるべく早めに予約するのがおすすめ。

②ドンムアン空港〜スラタニ〜パンガン島

  • 所要時間 :約5時間
  • 料金:1,000〜1,500THB

飛行機:ドンムアン空港→スラタニ(1時間/500〜1,000THB)、フェリー:スラタニ→パンガン島(4時間/500THB)

飛行機ですが、LCCを利用して意外と安くアクセスできるのが魅力。フェリーの乗船時間が長いので乗り物酔いが心配な方は酔い止めを飲んでおきましょう。

パンガン島から会場へのアクセス方法

パンガン島内の移動には「ソンテウ」と呼ばれる乗り合いタクシーを利用します。フェリーを降りたらTaxi Stationの表示に従った進み、行き先を伝えて料金を支払い、ソンテウに乗りましょう。

フルムーンパーティー当日は多くの欧米人が会場に向かっているので、人の流れについて行けば迷うことはありません。ハードリン・ビーチまでは100THBほどで行くことができます。

島に到着してまずホテルまで行く場合、値段は交渉制になりますが大体100〜200THBほどで移動可能です。ホテルによってはハードリン・ビーチまでの送迎サービスを行っているところもあるので事前に確認しておきましょう。

フルムーンパーティーを楽しむ上での注意点

多くの人で賑わうフルムーンパーティーでは、安全のために注意することもあります。せっかくの楽しい時間が台無しにならないように身を守るための対策をしておきましょう!

スリに注意

大音量の音楽にのって大勢の人が踊り騒ぐ会場では、スリ被害に合う人も少なくありません。

会場には多額の現金やパスポートなどを持ち込まないようにしましょう。現金は3,000THB程度あれば大丈夫です。念のためパスポートのコピーも用意しておくことをおすすめします。

ポケットに入れるのではなく服の下に隠せるセキュリティポーチなどを使ってスリ被害を防いでください。服装は水着にTシャツ、短パンなど濡れてもよく、動きやすい格好がおすすめです。

トイレ事情に注意

会場のハードリン・ビーチには無料の公衆トイレはありません。5〜15THBで有料トイレが利用できますが、人数に対して数が少ないので余裕を持ってトイレに行くようにしてください。

トイレにはペーパーがないところも多いのでポケットティッシュを持参しておくと便利です。近隣のバーやレストランで食事をする際はトイレも利用させてもらいましょう。どこも日本のトイレのような清潔さは期待してはいけません。

女性一人での参加は控える

パンガン島のフルムーンパーティーに参加しているのはほとんどが欧米人で、日本人はあまりいません。日本人は”はっきりと断らない”というイメージをもっている外国人男性からナンパされ、しつこく誘われることも。

男性同伴でないと分かると誰にでも声をかける人もいます。女性一人での参加は控え、嫌な時は無視をするかはっきりと断るようにしてください。お酒を飲み過ぎて正しい判断ができない…だなんて事態を防ぐためにもお酒はほどほどにしておきましょう。

会場以外の場所には立ち寄らない

フルムーンパーティーの会場は、多くの人で賑わい夜中でも照明で明るく照らされていますが、島内の路地は暗く、人通りもほとんどありません。思わぬ事件に巻き込まれたり、ドラッグに誘われたりすることも。

パンガン島はドラッグの使用率が高い島としても知られています。お祭りの盛り上がった気分でつい違法薬物に手を出してしまったということがないよう十分に注意してくださいね。

事前準備をしてパーティーを大満喫しよう!

世界的にも有名なパンガン島のフルムーンパーティーについてご紹介してきましたが、雰囲気や魅力は伝わりましたか?タイの主要都市から少しアクセスしにくいところにありますが、欧米人に混じって思いっきりはしゃぎたい方はぜひ日程を合わせて訪れてください。

満月の夜から明け方まで音楽、お酒、ファイヤーパフォーマンスなどを思う存分満喫しましょう!日頃の忙しさから解放され、ストレスが発散できるといいですね♪

RECOMMEND おすすめの記事